Micron SSD:SATA NVMe在庫案内

 半導体 
 メモリ 

2021年SSDは出荷数量、出荷金額ともにハードディスクを上回りました。記憶容量はNANDとコントローラの商品開発が進み大容量化に向かっています。インタフェースもPCI Express Gen3対応NVMeとなり(Gen4商品もリリース予定)、データアクセスも高速化。駆動系部品を使用しないため従来より衝撃、振動にも優れるため今後も市場拡大はするでしょう。以下にご紹介するのはマイクロンテクノロジーのSSD商品概要となります。目的に応じたワークタイプをお選びください。マイクロンはNANDメモリを自社製造しているグローバル企業であり、求めるパフォーマンスによりQLC NANDやTLC NANDを選択することができます。

 用途 
 パソコン 
 サーバー 
 HPC 
 産業PC 
 クリエイターPC 
 BTO PC 
 測定器 

HPC: ハイパフォーマンスコンピュータ

 

ストレージ階層イメージ
一般的にデータは利用目的の異なるものが混在しています。そのアクセス頻度によりコールド、ウォーム、ホットと階層を区別する表現があります。

 class:cold
warm
hot
access:low
mid
high




ワークタイプ

マイクロン製データセンターSSDの場合、お客様が運用を読み込み/書き込みどちらを重視するかにより最適な品種(タイプ)をお選びいただけます。例えばコールドデータで読み込み主体の運用であればQLC NAND搭載7.6TB容量の5210ION(イオン)シリーズがございます。

 ION
ECO
PRO
MAX
work:read
write



SSD

・マイクロン製SSD
・フォームファクタ:2.5インチ/M.2/U.2
・インタフェース:SATA/PCIe
・5210シリーズ:64層QLC NAND SATA
・5300シリーズ:96層TLC NAND SATA
・7300シリーズ:96層TLC NAND NVMe
・9300シリーズ:64層TLC NAND NVMe
・長期5年メーカー保障