SSDリスト

続々投入される最先端SSD
グローバルブランドの安定感

マイクロンはNANDもDRAMも自社で開発するグローバルブランドです。96層3D TLC NAND、96層 QLC NANDなど最先端NANDを搭載したSSDが続々と投入されています。種類はクライアント向け(Client)とデータセンター向け(Data Center)に大別されており使用環境に応じて選ぶことができます。当社では1個からご提供をしております。

プロダクト
ライン
インタ
フェース
製品保証
クライアント
SATA

PCIe/NVMe
3年間
データセンター
SATA

PCIe/NVMe
5年間

 

フォームファクタ

フォームファクタとは部品の形状のことです。マイクロン製SSDは以下の種類をご提供しております。インタフェースとフォームファクタの組み合わせは多種になりますので在庫リストにてご確認ください。

フォーム
ファクタ
概要
2.5インチ
SATA SSDタイプで採用している
一般的な形状
7mm厚
M.2
薄い板状の形状
2280(22x80mm)、
22110(22x110mm)
を供給中。3.8mm厚
U.2
NVMe SSD用で登場
サイズ感は2.5インチだが
厚みは7mmと15mmがある

 

 

前のページに戻る

 

 

 

主なSSDシリーズ

当社では各シリーズを 1個からご提供しております。在庫リストにて最新のお値段と共にご確認ください。

 

 

5210 ION(イオン)
プロダクトライン:データセンター向け
QLC NAND搭載、SATA 2.5インチで供給中です。コストバランスが良いシリーズで、ウォームデータを想定したNASストレージに適しています。

NAND:
64層3D QLC

インタフェース:
SATA 6Gbps

フォームファクタ:
2.5インチのみ

容量:
960GB〜7.6TB

DWPD:
<1


5300
プロダクトライン:データセンター向け
TLC NAND搭載、SATA 2.5インチとM.2で供給中です。その名の通りデータセンターなどの長期稼働を前提とした環境で最適なシリーズです。SSDは全般的に容量が増えており1.9TB以上の需要が多い印象です。

NAND:
96層3D TLC

インタフェース:
SATA 6Gbps

フォームファクタ:
2.5インチ、M.2

容量:
240GB〜7.6TB

DWPD:
1〜5

 

7300
プロダクトライン:データセンター向け
TLC NAND搭載NVMeタイプのSSDで、U.2とM.2で供給中です。よりマシンの高速化を求める場合にお勧めのシリーズです。自社でサーバーを組める事業者様からお引き合いをいただいております。

NAND:
96層3D TLC

インタフェース:
PCIe GEN3 x4,NVMe

フォームファクタ:
U.2、M.2

容量:
400GB〜7.6TB

DWPD:
1〜3


9300
プロダクトライン:データセンター向け
TLC NAND搭載NVMeタイプ U.2で供給中です。最速かつ長期安定を求めるマシンに最適のシリーズです。こちらも自社でサーバーを組める事業者様からお引き合いをいただいております。

NAND:
64層3D TLC

インタフェース:
PCIe GEN3 x4,NVMe

フォームファクタ:
U.2のみ

容量:
3.2TB〜15.3TB

DWPD:
1〜3

 

 

 

前のページに戻る

 

 

 

マイクロSDはこちら