オーダーコンシェル

接客をアップデート

注目されるDX(Digital Transformation;デジタルトランスフォーメーション)。行政改革のキーワードとしても話題ですね。飲食店に代表されるフードビジネスも例外ではありません、例えば接客もデジタル技術を活用することでアップデートできるチャンスがあります。ご来店されたお客様のスマートフォンを上手に利用できるセルフオーダーシステム「オーダーコンシェル」をご紹介します。

orderconcier01

 

接客に関する課題はさまざま

何を解決するべきか? ですが お聞きしている代表事例だけでも幾つかありますね。特に複数店舗を運営しておられる事業オーナー様にとっては人材確保は大きな課題と存じます。

●求人を出してもフロアスタッフが集まらない
●一方で人件費がどんどん高騰している
●お客様から呼ばれても待たせてしまう
●お客様の滞在時間の管理ができていない
●感染予防のため至近距離の接触回数を減らしたい
●昼夜もしくは季節ごとのメニュー入れ替えが かなり手間
●海外のお客様と言葉が通じない
●客単価、回転率を上げたい

 

オーダーコンシェルの魅力

 

タブレットでもスマホでもOK

テーブルのスペースを確保できる店舗様は画面が大きく見やすい据え置き型タブレットシステムをどうぞ。逆にテーブルのスペースが狭い店舗様や初期費用を抑えたい店舗様には、専用端末が不要な、お客様のスマートフォンから注文できるスマートフォンシステムを推奨しております。

現場の声を反映させた高機能

オーダーコンシェルは実際の店舗様の問題をヒアリングして何度もテストを行った後に完成したシステムです。「多言語機能」や「飲み放題・食べ放題機能」はもちろん「売上レポート」や「簡単メニュー編集」など使いやすさと機能性・デザイン性を追求しました。居酒屋やイタリアンなど、どんな店舗様でもご使用いただけます。

独自POSレジとの連動

POSレジと連動して飲食済みメニューを呼び出すことにより即座に会計計算・レシート発行が可能です。会計済みのテーブルは、自動で空席状態にできます。テイクアウト(お持ち帰り)の商品がある場合は商品情報の編集時、個別に軽減税率を適用することができます。

 

豊富な機能

接客に必要となる代表的な機能を一部ご紹介いたします。お客様=フロントスタッフ=厨房をワイヤレス通信でリアルタイムに接続します。これはデジタルの良い点ですね。

 お客様のスマホで注文を受け取れます

 複数のフロアから注文が受け取れます

 フロアスタッフの呼び出しができます

 メニュー編集はいつでもできます

 時間帯によって表示メニューが変更できます

 商品オプションにも対応できます

 売り切れもお知らせできます

 コース・飲み食べ放題の時間管理ができます

 注文の履歴はもちろん双方で確認できます

 伝票印刷ができます

 多言語でメニュー切り替えができます

便利な機能は上記以外にも標準で備えております。

 

導入価格 について

サービス導入価格は一括支払いではなく、月払い方法をお薦めしております。詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 


デジタル技術を活用することは時代に合う営業方法でもあります。デジタルトランスフォーメーション(DX)が国策として進行しておりコロナ感染を防ぐためのIT化を促進する支援も受けやすい経済環境です。製品に関する詳しい内容についてはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせページを以下のバーをクリックして開くか、お電話でも随時対応させていただきます。

電話: 090-2019-0517   メール:info@nboget.com

 

 

オーダーコンシェル開発元: 株式会社レクスケイン