もしもしカードゲーム

     

日本語 オノマトペ & へのへのもへじ

オノマトペ をご存知でしょうか。耳にする音や声、見ている状態や動きなどを表現した擬音語、擬態語のことです。日常的に私たちが使っており、とてもたくさんの種類があります。例えば商品名にも使われている「もしもし」は電話で発する繰り返し言葉。楽しさを表現するときには「うきうき」「わくわく」などの繰り返し言葉。ご紹介する「もしもしカードゲーム」はこのような繰り返し言葉を使った新しいゲームです。対象年齢は3歳としていますが、日本語の勉強にもなることから海外の方や在日外国人の方にも好評です。それでは詳細をご覧ください。

moshi01

moshi02

 

遊びかた は いろいろ

カードはイラストとテキストの2種が50組。合計100枚あります。例えば次の通り3つの遊びかたをご紹介しますが、100枚もあるので皆さんがご自由に新しいルールを発見してくださいね!

 

全てのイラストカードを表向き(イラスト上)に広げます。司会役がテキストカードを読み、読み上げられたカードを素早く取り合う「かるたゲーム」。全てのイラスト&テキストカードを並べた「2枚取りかるた」もプレイ可能です!

全てのカードを裏向き(イラスト下)に広げ、イラストカードとテキストカードのペアを探す神経衰弱ゲーム。50組が難しい場合はセットを半分にしてトライしてみましょう!

イラストカードを裏向きに積み、それぞれが取ったもしもしワードをジェスチャーで表現するゲーム。日本語を勉強中の方とは、もしもしワードを伝えてどのような意味か当ててもらうゲームも盛り上がります!

 

 

 

 

 

もしもしワード とは?

楽しんでいただくのは日本語のくりかえし言葉です。ページ文頭でもご紹介したように耳にする音や声、見ている状態や動きなどを表現したオノマトペ(擬音語、擬態語)から、同じ言葉を重ねて使う言葉を「もしもしワード」と名付けています。カードでは日常でよく使われる言葉が厳選されています。

 

 

へのへのファミリー が楽しさを盛り上げます!

それではイラストに登場するキャラクターたちのご紹介をしましょう。

カードに登場するのは、へのへのファミリー。へのへのファミリーは、江戸時代から伝わる日本の伝統工芸品「こけし」をモチーフにしたキャラクターです。そして、へのへのファミリーたちの顔は、ひらがなを使って顔を描く江戸時代から伝わる日本の文字遊び(文字絵)「へのへのもへじ」で書かれています。日本人にはおなじみのイラストですよね〜。見ているだけで和みますね。

 

 

商品仕様

第一弾「へのへのファミリーの日常編」

  • 価格:2,500円 (税抜)
  • 内容物:カード100枚(50ペア)、遊び方ガイド
  • 商品サイズ:190x135x29mm、530g
  • ゲーム発案:アラン・ラース
  • イラスト:ふかさわ人
  • プレイ時間:約30分、プレイ人数:3〜6人
  • 対象年齢:3才以上
  • Produced in Japan/ Printed in China

*商品仕様につきましては通知なく変更する可能性があります。

 


ご購入方法

ただいま在庫ございます(2020年10月3日時点)。ご購入については以下のボタンより専用ページにご移動ください。その他の児童向け商品もご確認することができます。

 


ご質問について

製品に関する内容についてはお気軽にお問い合わせください。お問い合わせページを以下のバーをクリックして開くか、お電話でも随時対応させていただきます。

電話: 090-2019-0517   メール:info@nboget.com

 

 

 

以上、ご覧いただきありがとうございました。

 

 

企画販売元: SATOMI SUZUKI TOKYO Co.,Ltd.